読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寂しさと楽しさ

最近のルーティンは

帰ってきたら、ご飯を作って

テレビを見ながら食べて

気付いたら寝ている


というもの。


そして深夜に起きて、化粧を落とし

コンタクトをはずし、また寝る。


家は自分が落ち着ける、帰りたいと思う場所にしようと思い、

もともと大好きなインテリアにこだわったり、

目につくゴミや散らかりは掃除したり

割とこまめにやっています。


それでも帰ったら寂しい。


あんなに汚かった大好きな人の部屋に行きたい

と思ってしまう自分がいます。


ベッドもかたくて

煙草臭くて

床にホコリなんて目に見えるくらい固まってるし

机の上に飲みかけのカフェラテがいっぱい、、、とか

普通でした。

でも自分のものではないし、片付けてよ〜というタイプでもなかったように思うので

そのままにしていました。


そう思うと私が帰りたいと思う場所は


人が深く関係しているのだな、と思います。


中学、高校、大学と両親と暮らしていましたが、

本当に毎日喧嘩ばかりで

特に自由度が増した大学時代は

顔を合わせると喧嘩ばかりしていたので

1年の半分くらいは友達の家で過ごしていました。


友達の家も床はきしむし、犬がいるので毛が舞ってるし、部屋も超汚い 笑

服が床を覆い尽くしてたくらいです。




インテリアは大好きだし、

自分の住みたい部屋にする、とか

居心地のいい空間、オシャレな空間にしたいとは思うのですが


1番は、大好きな人がいるから


ということが重要なんだなと最近気づきました。


自分の中で恋愛はとても大きな、大切なものです。

好きになればとことん、愛されたい

愛されるために、相手にずっと好きでいてもらうために、相手の性格や価値観を理解したいと思います。

そうして相手のことを考えすぎて、

理解できない言葉を言われたり

理解できない行動をされたりすると

途端に不安定になります。


相手に依存するタイプってやつです。


今、ココです。


でも

素直に寂しいよ、会いたいよ

なんで急にそんな風になるの?


なんて聞けません。



今までこんな感じの恋愛ばかりしていて

嫌になったらやめればいいや

求められないのであれば

求めてくれる人を探せばいいや


と自分が楽になれる道ばかり選択してきたように思います。

しかもちゃんと忘れられるし切り替えも早い。

こんな性格を自分の長所として捉えていたくらいです。


でも果たして、これでいいのかと



逃げているだけかもしれません。

もう少し相手と向き合ってみたら違う結果になっていて、より深い愛情が生まれていたかもしれません。


人と深く向き合いたいと思っていながら

何か上手くいかないことが生じた時に

向き合えない自分がいる、逃げ腰がついてしまっています。



今回はなんとなく

逃げたくないと思います。


大好きな人は、人が信じられないと言っていました。


私もそういう風に思っていた時期があったので気持ちはよく分かります。



信頼するって難しいですが、


信頼出来るから楽しいし

信頼出来るから安心できるし

信頼出来るから強くなれる


怖いものにも飛び込んで

新たな自分が発見出来る。


今はそう思えるようになりました。


信頼出来ないと、良い人間関係は築けないし

学びや成長はないと思います。



何とかして伝えたい



だけどどうしたら伝わるのか

どんな言葉をかければいいか

大好きな人が信頼してくれる行動が

分からない。


今日もまた考えます。

それは好きになってもらいたいからではありません。

結局のところ自分の為です。


逃げたくはない。

向き合いたい。



デートは1週間後です。